カードローンのイメージ/カードローンの影響

カードローンのイメージ

カードローンといえばテレビコマーシャルなどの影響もあるのか以前ほど借金のイメージは薄れてきたように感じます。おまけにカードローンは消費者金融だけではなく、いわゆる三大メガバンクなどを含んだ大銀行も発行しているのでそこがイメージアップにつながっているようです。

 

しかし、いくらイメージが良いとはいっても借金は借金に変わりあることはなく、低めの金利の数字は良いものの、上限の金利はやはり相当な高利であるといわざるを得ません。上限と下限では3倍くらいの金利差があるのが普通ですので、下限で借りれる人はいいでしょうが、借りたいと考えている人は多くは上限に近い金利になるのではないかと考えられます。希望を言えばもう少し金利の上限と下限の間を少なくして明朗な感じにしてもらいたいと感じます。それでないと私個人はなかなか申し込めないでしょう。


ホーム サイトマップ